2019年度室長基本方針

 

《会員室》室長 森田 有範

 

 

担当委員会:研修交流委員会

 

館林青年会議所は、奉仕・修練・友情の三信条の基、明るい豊かな社会の実現を目指して活動している団体です。この志を実現させる為には、日々の活動において我々メンバー同士が仲間を思いやり互いに助け合いながら切磋琢磨する事、そして、様々な交流を通して友情を深めながら人として成長していく事が必要ではないでしょうか。

 

 2019年度研修交流委員会には、メンバー同士が自らの資質を向上させる事を目的とした研修を行って頂きたいと思います。3月の近隣LOMであるおおらか青年会議所との合同例会では、両LOMが互いに成長する事が出来る研修交流事業を行って頂きたいです。4月の西全州青年会議所の来館では、昨年度の訪韓で素晴らしいおもてなしをして頂きましたので、今年度は我々館林青年会議所メンバーが、互いの友情を深めることの出来る交流をおもてなしをもって行って頂きたいと考えております。他団体との交流として館林まつりでは、他団体の方々と、共に神輿を担ぐことにより交流を積極的に行っていって頂きたいです。また、家族との交流としては、家族皆様が交流出来る場を設け、家族に我々の活動内容を知ってもらい、メンバーはJC活動の理解への感謝の気持ちを家族の皆様に伝えて頂ける設えをしてもらえればと思います。

 

今年度は1997年以来22年振りに、館林青年会議所から群馬ブロック協議会へ会長を輩出する事となる年でもあります。会長輩出LOMとして、群馬ブロック協議会の事業への積極的に参画して群馬ブロック協議会を盛り上げていきたいと思います。また、重要課題でもある会員の拡大についても、会員室一丸となって積極的に取り組んでいくことをお約束いたします。

 

最後になりますが、我々会員室は一丸となって様々な研修と交流を通して、メンバー自身の成長に一所懸命に取り組んでいくことをお約束しまして、室長基本方針とさせて頂きます。