2018年度委員長基本方針並びに事業計画

 

55周年実行委員会》委員長  大平 覚

 

(基本方針)

 館林青年会議所は本年度、創立55周年を迎えます。創立から55年経った今でも、館林青年会議所が地域に必要とされる存在として活動を続けられるのは、創立以来、奉仕・修練・友情という信条の基、精力的な活動によって確固たる存在感を放ち、この地域社会を牽引してきた先輩諸兄と、私たちの活動に理解を示し、支えて頂いた地域の方々のお蔭であることに疑いの余地はありません。

 先人たちが脈々と築き上げた歴史と伝統を受け継ぐ私たちは、創立55周年という節目の年に、これまで館林青年会議所を支えてくださった方々に対して、精一杯の感謝の気持ちを表すとともに、今後もより一層の理解を賜るべく、歴史と伝統を受け継ぎ、熱く活動する私たちの姿を見せられるような周年事業を創り上げていきます。

 創立55周年記念式典・大懇親会では、55年に亘る館林青年会議所の歴史を振り返り、長い歴史の中で館林青年会議所を支えてくださった方々や、切磋琢磨しながら同じ志を持って共に歩んでいる各地青年会議所の同志に対して、精一杯の感謝の気持ちを表し、館林青年会議所の現在の姿とこれからの方向性を発信していきたいと思います。

 これまで館林青年会議所は、地域の方々と協働して、多くのまちづくり事業を行ってきました。よりよい地域を創り上げるためには、地域住民同士がふれあい、同じ時間を共有できる場を提供することで、地域コミュニティを活性化させることが必要です。そして、そのような事業を一人でも多くの地域住民と共に創り上げることが、地域活動の重要性を広め、地域住民による地域活動をより多く創出することに繋がります。地域コミュニティをより活性化させ、よりよい地域に創るために、多くの地域住民・地域団体と協働して、住民参加型の記念事業を展開していきます。

 周年事業を行うということは、館林青年会議所に関わる全ての方々の有難さを実感し、感謝を示すことであると同時に、自分たちの存在意義は何なのか、自分たちが行っている活動にはどんな意味があるのかということを見つめ直すことでもあります。そのためには、館林青年会議所が辿ってきた歴史を振り返り、私たちが生活する地域の現状を踏まえ、地域の中で私たちが果たすべき役割は何なのか、地域の方々と共にどのような未来を創り上げていくべきなのかを考える必要があります。そして、そうしたことに想いを巡らせ、周年事業という例年では経験できない活動を一致団結して行うことにより、組織がより強固なものとなり、私たち自身も更なる成長をすることができるのです。

 周年特別委員会は、各部会長を介し、全ての委員会メンバーの参加の下で活動していきます。館林青年会議所と委員会メンバーの未来を預かるという強い責任感を持ち、館林青年会議所に関わる全ての方々のため、精一杯の活動をすることをお誓い申しあげ、委員長基本方針とさせて頂きます。

 

(事業計画)

(1)    会員拡大

(2)    会員の資質向上

(3)    参加意識の向上

(4)    創立55周年記念式典の開催

(5)    創立55周年記念大懇親会の開催

(6)    創立55周年記念事業の開催

(7)    その他