2018年度委員長基本方針並びに事業計画

  

《青少年育成委員会》委員長 森田 有範

 

(基本方針)

 近年、少子高齢化や情報化社会の進行、若年層の貧困問題等、子ども達を取り巻く環境は急激に変化してきております。そういった社会情勢の変化の中で明るい未来を想像する事が難しくなり、将来の夢や希望を想い描く事が出来なくなっている子ども達が年々増えて来ていると言われています。未来を担う子ども達が将来への夢を持てる様になる為に、我々大人達が常に子ども達の事を考えながら活動して行かなければなりません。

 

 青少年育成委員会としましては、子ども達が夢を持つきっかけとなる様な事業を行っていきたいと考えております。夢を持てない子ども達が増えていると言われている現在、まずは夢を持つ為のきっかけとして楽しいという事が大切ではないでしょうか。8月の担当例会では多くの子ども達が七夕まつりを楽しみに訪れる事が予想されますので、事業に参加して頂く子ども達には、楽しんでいって貰いながらも、将来の夢について考える事業にしたいと考えております。9月の担当例会では、体験型の事業を行っていきたいと思っています。多くの子ども達に楽しみながら体験して貰い、将来の夢について考え、その夢を膨らませて頂きたいと考えております。子ども達を如何に伸び伸びと楽しく育成し夢を持てる子どもになって貰えるか、青少年育成委員会として真剣に考えて事業を作り上げていきます。真剣に取り組む事が、メンバーの資質と参加意識の向上に繋がると考えております。

 

 会員拡大につきましては、委員会メンバー全員が拡大について当事者意識をもって会員拡大に臨んで参ります。委員会メンバーが会員の拡大を頭において各例会、公開委員会等にオブザーバーとして入会対象者へ積極的に声掛けをしていき、足を運んで頂ける様に努めます。オブザーバーの方に来て頂いた際は、青年会議所活動の楽しさをまずは知って頂ける様に努め、青年会議所活動に賛同して頂き、結果として同じ志を持つ仲間を増やしていきたいと考えております。

 

 2018年度は55周年という節目の年でもあります。経験の浅いメンバーが多い中ではありますが、青少年育成委員会が一丸となり記念式典、周年事業に臨む事で、必ず成功を収める事が出来ると思っております。最後になりますが、皆様のご指導、ご協力の程宜しくお願い申し上げまして、私からの基本方針とさせて頂きます。1年間どうぞ宜しくお願い致します。

 

(事業計画)

(1)    会員拡大

(2)    会員の資質向上

(3)    参加意識の向上

(4)    創立55周年事業

(5)    青少年健全育成事業の実施

(6)    青少年団体事業への参加(かるた大会)

(7)    七夕まつりへの参加

(8)    その他