2018年度室長基本方針

 

《開発室》室長 八木橋 洋介

担当委員会:会員拡大委員会

      地域開発委員会

 

毎年、卒業生を見送る中、会員数は減少傾向にあります。私たち館林青年会議所が魅力ある楽しい事業を行い、たくさんの仲間と共に活動をするためには会員の拡大は必要不可欠です。2018年度会員拡大委員会が中心となり、会全体メンバーの当事者意識を高め、最重要課題と捉え取り組む必要があります。正会員から得る入会対象者情報や紹介だけでなく、明和、板倉、館林地域で活躍している企業や団体の会員拡大対象者を洗い直し、積極的にアプローチをかけていくべきだと考えます。

 会員拡大委員会には、1年間という限られた期間内での拡大活動をして頂くため明確な目標を掲げることはもちろん、館林青年会議所の魅力と意義をしっかりと伝え、目標必達するために、いつまでに、何を、どのようにすべきかの具体的なプロセスを年間通じて行って頂きます。入会対象者は少なからず私達が地域活動に取り組む光り輝く姿をみて、共に成長をするために入会を決意するのだと思います。私たちが常に会員拡大に対しての問題意識を持ち続け、切磋琢磨しあえる新入会員を増やしていきます。

 

 昨今、地域住民同士の人間的なつながりが希薄になってきていると言われています。その1つの要因として、SNSなどの伝達手段により地域住民同士が直接、顔合わせて会話をする場が減少していることだと考えます。しかしながら、逆にそのSNSを地域住民同士が交流をもつ場の情報提供ツールとして有効活用することで地域コミュニティの活性化につなげることもできるのではないでしょうか。

地域開発委員会には、地域をより活性化させるために、地域住民同士がふれあい、元気ある楽しいまちだと思える場を提供して頂きます。楽しいまちづくりを行うことで地域住民がこの明和・板倉・館林地域に将来も住み続けたいと思えるきっかけにもなるはずです。私は地域住民同士が笑顔になれる場が多くあり波及していくことが大切だと考えます。地域開発委員会が中心となり、館林青年会議所、地域住民同士が関わりをもつことができ、気軽に良きコミュニケーションをとることができる環境づくりを行うことが重要な役割と考えます。そして、魅力あるまちづくり事業をすることで、私たち自身も成長しながら、地域活性化を常に考え邁進していきます。

 

 最後になりますが、創立55周年を迎えるにあたり開発室として事業部会という重責を担っております。館林青年会議所を今まで支えてきてくれている皆様に感謝の意を表し活動していきます。開発室として力を合わせ、地域貢献活動、会員拡大活動、誰かが行ってくれるからではなく、私たちがこの地域を盛り上げるのだという強い気持ちをもって取り組んで参ります。

 

メンバーの皆さまのご理解・ご協力をお願い申し上げ、開発室室長基本方針とさせて頂きます。1年間、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。