2018年度委員長基本方針並びに事業計画

 

《総務広報委員会》委員長 谷田川 明弘

 

(基本方針)

明るい豊かな社会の実現のため、館林青年会議所は発足し、今年は55周年という節目を迎えることとなりました。これほど長く存続して来られたのは、会の運営がしっかりと出来ていたからだと考えます。本年度の総務広報員会は、自分たちの役割を認識し、これまでの先輩諸兄より受け継がれてきた経験や知識、それに加えて新しい技術や考え方を取り入れながら活動いたします。

 近年の会員数減少に伴い、会員拡大活動は会を挙げての急務となっております。まずは館林青年会議所の魅力や楽しさを発信し、より多くの人に知ってもらえるような活動をしてまいります。現在ではSNS等、様々な情報伝達手段が生まれました。それらを活かし、新たな角度から入会対象者へのアプローチをいたします。

 また、それと同時に会員の資質向上という課題も生まれております。昨年は13名もの卒業生が出た事もあり、経験や知識の浅い会員が、すぐに責任のある役職を担うことも珍しくはありません。総務広報委員会は、各会員のお手本となるよう、規律を守り、密な連絡による諸会議の円滑な運営を行います。本年も総会、新年祝賀会、理事会、幹事会など多くの事業・会議が予定されていますので、「当たり前の事を当たり前にやる」ということを徹底し、館林青年会議所の土台を担い、支えられるようにしていきます。

 最後になりますが、本年度の総務広報委員会は「一致団結」をキーワードに活動をしていきます。まずは委員会がしっかりと役割分担をし、各々が協力して早めの準備をすることで、滞りのない会の運営を行います。更に、本年は55周年事業も予定されておりますので、館林青年会議所全体で団結し、感謝の気持ちを表現していく必要があります。これから先も続いていく館林青年会議所が、より魅力ある会になれるよう1年間活動してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

(事業計画)

(1) 会員の拡大

(2) 会員の資質向上

(3)  参加意識の向上

(4) 創立55周年事業

 (5) 諸会議(総会・理事会)の運営

(6)  広報活動の拡充(HP等のメディア)

(7)  幹事会の開催

(8)  例会・理事会の出欠記録の管理

(9)  基本資料の作成(JC手帳要覧・事業報告)

(10) その他