2018年度委員長基本方針並びに事業計画

                    《地域開発委員会》 委員長 針谷 慎

 

(基本方針)

 近年、私たちの生活は便利になったと思いますが、便利さを求めるあまり失われつつあるものもあります。以前と比べて住民同士のコミュニケーションが希薄になり、コミュニティが衰退しているようにも思えます。いくら便利な世の中になっても、人と人とが交流を深め、地域に興味を持ちコミュニティに参加する人が増えていかなければ、まちの活性化は図れず、私たちの掲げる「明るい豊かな社会の実現」はあり得ないのではないでしょうか。

 

本年度、地域開発委員会では、住民同士が交流することで、お互いに意識し合える事業を展開していきます。交流することや人との繋がりを感じてもらうことが地域への関心に繋がり、様々なまちの事業に参加する地域住民が増えることでまちは活性化します。その先駆けとして、まずは私たちが力を合わせて地域住民同士が交流できる環境を作っていきます。

また館林まつりにおいては、館林青年会議所を地域の皆様に知っていただく絶好の機会です。青年らしく元気よく他団体と共に団結して神輿を担ぎたいと考えております。館林青年会議所と他団体と最後まで一丸となって神輿を担ぎ通すことにより互いの親睦を深めともに達成感を味わいたいと思います。

 そして、館林青年会議所が継続的に活動を行うためには、会員の拡大は最重要課題であると捉えております。地域開発委員会といたしましても会員の拡大に向けて常に意識し、情報を共有して協力し合いながら取り組んでまいります。

 

最後にこれらの事業を通じてこの地域住民が、地域の様々な事業へ積極的に参加し、この地域の住民同士の交流の素晴らしさや、地域コミュニティへの取り組みに対する興味を少しでも持っていただけるよう委員会一同懸命に活動を行ってまいります。そして、創立55周年を迎えるにあたり、館林青年会議所先輩諸兄が築いてこられた地域活動に感謝の意を表し、明るい豊かな社会の実現に向かい前進していけたらと思っています。何卒1年間、ご指導ご協力の程宜しくお願いいたします。

 

(事業計画)

(1)    会員の拡大

(2)    会員の資質の向上

(3)    参加意識の向上

(4)    創立55周年事業

(5)    館林まつりの参加

(6)    まちづくり事業の実施

(7)    その他